自宅でフランス菓子ポン・ヌフを作りました

お菓子レシピ

皆さんこんにちは、さやココです。
フランスと日本の架け橋のために菓子職人として日々活動中です。

フランス伝統菓子「ポン・ヌフ」を作りました。

ポン・ヌフというお菓子は中世からあったお菓子だそうで、その時は味も、形も違ったそうです。20世紀初頭に現れたのがポンヌフ。フィユテ(パイ)生地にシュー生地とクレーム・パティシエール(カスタードクリーム)を混ぜたものを詰めて焼き上げたお菓子。表面に十文字にかけられてるのはセーヌにかかるポンヌフ(新橋)に見立ててその名がついた。お菓子だそうです。

最後の仕上げのフランボワーズジャムを塗るところがとても嬉しくなるお菓子です。

【材料】()

(パータシュー)
牛乳

バター
全卵
強力粉
薄力粉

砂糖

(パティシエール)

牛乳
バニラビーンズ
卵黄
グラニュー糖
薄力粉
バター

(リンゴのコンポート)
リンゴ
砂糖
レモン
シナモン
カルダモン
バニラビーンズ

(フランボワーズコンフィチュール)
フランボーズピューレ
グラニュー糖
レモン汁

パートブリゼの生地の作り方はこちら↓

さくさく食感がたまらない「パ―トブリゼ」の作り方
パートブリゼってどんなお菓子?>>パートブリゼを使ったフランス伝統菓子「コンベルサシオン」はこちら作り方無塩バター 135g強力粉   75g薄力粉   75g 全卵    21g水   ...

【下準備】

【作り方】

【コツ・ポイント】

【レシピのおいたち】

※レシピは後日公開です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました