手作りの生チョコレートとボジョレ・ヌーボーでペアリング

さやココ日記

皆さんこんにちは、さやココです。
フランスと日本の架け橋のために菓子職人として日々活動中です。

最近のイベント活動といったら、お酒と私のお菓子を合わせることが多い。
私は気づいてしまいました!自分もお菓子を作る時によくお酒を入れたり、紅茶やコーヒーよりもお酒に合わせたらどんな幸せなひとときを送れるか。想像しながらつくっているのです。

11月23日に開催した日本酒とのペアリングイベントはこちらをご覧ください♪

私が今、楽しくて仕方ないのが、自分の作った生チョコレートやチョコレートケーキとワインのペアリングです。
ペアリングとは?
2つのものを組み合わせること。2つのものを組み合わせ口の中でどんな味に変化するのか楽しみます。
合うものもあれば、あわないものもあります。酸味、苦味、甘み、旨み、口の中で起こる化学反応を楽しみます。

今回私が合わせてみたのが、ミッシェル ギニエのボジョレ・ヌーボーと生姜の生チョコレート、キャラメルの生チョコレートです。

まず合った要因は
私が作った生チョコレートはビターにして甘さをおさえたところ。
生姜の香りがチョコレートをすっくりさせ、キャラメルの方も苦味を加えて大人の味わいに仕上げました。
そこにスッキリとした新酒のワイン、ボジョレ・ヌーボーが合ったのかなと思います。

せっかくなので自家製のフルーツ漬けにボジョレを注いでみました。
ボジョレの香りが加わり、フルーツケーキを作る時はワインに合うお菓子になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました