ご家庭で自分だけのイングリッシュスコーンの作り方

お菓子レシピ

皆さんこんにちは、さやココです。
フランスと日本の架け橋のために菓子職人として日々活動中です。
ヨーロッパ各地を訪れお菓子マニアとして日々進化中でございます。そして私の大好きなお菓子で皆さまの食卓に私のお菓子が並んでくれたらどんなに幸せなことか。
さらに、このブログが私の大切な人生のお菓子本にもなるわけです。
※美味しいお菓子レシピを追及するため、レシピが(今までのレシピにそこまで支障がない程度)変更になることがございますがご了承くださいませ。

【ご家庭で作る自分だけのイングリッシュスコーンの作り方】

ベーキングパウダーを使わない簡単にお家でできる本格的なイングリッシュスコーンを作ります!
このレシピはシンプルですがとても美味しんですよ♫
生地自体の甘さは控えめです

基本の生地を知っていれば、トッピングを変えたり、チョコレート味にしたり、紅茶味などアレンジ自由自在♫

【使う器具】

-オーブン
-ハンドミキさ(なくても良い)
-ボール
-ふるい(ザルのようなものでも代用可能)
-ゴムベラ
-スパチュラもしくは木べら
-ホイッパー
-くり抜き用のセルクル 直径6cm〜6.5cmがベスト
100均のダイソーに売ってます
※なくても包丁でカットできるので無理して揃えなくても大丈夫です
-クッキングシート
-めんぼう

【材料】

6cmのセルクル8個分
所要時間 1時間

オーブン180℃ 約18分

•薄力粉….230g
•グラニュー糖もしくは(ブラウンシュガーでも!
その方が風味が出ます)
私はきび砂糖を使いま…..30g
•無塩バター….90g
•塩….ひとつまみ
•牛乳….大さじ2
•卵….1個

•お好きなトッピング(ドライフルーツ、バナナ、チョコチップなど)
•薄力粉 少々(生地を整形するときに少し使います)

因みに私はチョコチップ 40g用意します♫勿論なにもなくても大丈夫ですよ

【作り方】

①ボールに柔らかくなったバター(1cmのさいのめぎり)と砂糖、そしてふるっておいた薄力粉を入れる。

②ゴムベラ、スパチュラ、木べら、御自身のやりやすい物で切るようにして混ぜる
バターを切るようにして混ぜていく
※手ですくったときにバターが細かくなりサラサラした状態

③別のボールに卵をいれフォークなどでほぐす。牛乳、バニラエッセンスも入れる。

④ ①に③の液類を2分の1いれ混ぜる。残りの液類を入れ生地をまとめていく

⑤ 生地を整形していきます

板にうち粉を敷き、生地をのせ、お好きなトッピングの材料を生地に練り込んでいく。

⑥ 綿棒で2cmの厚さに伸ばす。
セルクルで生地をくり抜く

⑦ クッキングシートを敷いた鉄板に感覚を開けて並べる

⑧ 180℃のオーブンで18分ほど焼いたら出来上がり
※家庭のオーブンによって焼き上がりの時間が変わります

焼き立てをそのまま食べても美味しいですし、冷ましてお好きなジャムやハチミツで食べても美味しですよ

〜食べるときに添えたいものもご自由に〜

(クロテッドチーズ、ジャム、蜂蜜、メープルシロップなど)
紅茶も用意したらご自宅でちょっぴり贅沢なアフターヌーンティーができますね

【お菓子教室参加される前に事前準備のお願い】

▶︎それぞれの材料の計量をお願いします

▶︎バターは1cmのさいの目にカットし、常温にしてしておく
指でバターを押すと指の跡が残るくらいがベスト

さやココオンラインお菓子教室を開催してます

お菓子作りを通して、家庭でのお菓子作りの悩みや、パティシエさんてどんなお菓子器具を使ってるの?お菓子作りのちょっとしたコツなど皆さんとお菓子作りをとおして楽しい時間を過ごせたらなと思っています。
さやココのお菓子教室LINE公式に登録していただくと、お得なクーポンをゲットして是非オンラインお菓子教室に参加してみてください♪

さやココのお菓子教室LINE公式はこちらです>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました