ガトーバスクの作り方 フランスバスク地方のフランス伝統菓子

フランスの伝統菓子レシピ

みなさんこんにちは、さやココです。

今回ご紹介するのはバスク地方のお菓子、ガトーバスクです。

フランス留学の時にバスク地方のバイヨンヌに一人で弾丸旅行に行きました。

弾丸旅行の様子は後ほど別の記事に詳しくアップすることにして、

今回は少しだけバイヨンヌの訪れた場所の思い出など交えてご紹介したいと思います。

 

フランス・バイヨンヌ地方の旅は、 最古のチョコレートを探しに。

パリから高速列車「TGV」で約5時間、フランス南西部のバスク地方にバイヨンヌの町はあります。ここはスペインにとても近いところなんですね。

私の目的はただひとつ!フランス最古のチョコレートを食べることです。

バイヨンヌの人はフランスで、初めてチョコを味わったそうです。チョコレート好きにはなんとも興味深い話しですよね。

フランス地方を旅する時はいつも晴れてる幸運な私!景色がとてもきれい!

 

 

橋を渡ってたどり着いたのが、バイヨンヌの町です。

 

 

町の通りも、とても綺麗でした。

 

 

まず始めに向かったのが、ポール・ヌフ通りのチョコレート専門店「L’Atelier du Chocolat」。

 

 

チョコレートがこんなにも沢山!どれにしようか迷うほどの量。お好きなチョコレートをグラムで選べるみたいです。

 

 

私はこの中から、お目当てのチョコレートを選ぶことに。

 

 

選んだのはこれ!チョコレートでコーティングされた中の味はキャラメルガナッシュ、ピスタチオ、カフェ。

購入後、バイヨンヌの町を歩きながらチョコレートを堪能しました。パリの高級なチョコレートとは違いどこか温かみのある、どこか懐かしいそんな味がしました。とても美味しかったです。

 

その後に向かったのが、チョコレート博物館。時間がなく見学はしなかったけど、ここではチョコの製造工程が見学できるようになっています。チョコレートを作るのに使われる機械の展示品などもあり、チョコレートの歴史を知ることができるのだそうです。お土産も売ってたので、私はフランスのパートナーのご家族にラズベリーのチョコレートを購入してお店を出ました。

 

 

 

滞在時間はなんと2時間という弾丸一人旅。行きたいところを絞って行ったのでまだまだ訪れたいチョコレートショップはたくさんありました。また是非訪れたい場所です。では、そんなバスク地方の思い出からガトーバスクの作り方をご紹介します。

 

ガトーバスクを日本でも作れるようにアレンジしました。

ガトーバスクでも色々な作り方がありますが、その中でもフランスの番組などでレシピを探しながら日本でも作れるようにアレンジしました。

このレシピを通して少しでもフランスの伝統菓子を知っていただければなと思います。

ガトーバスクの作り方

【材料】

18センチの(底がはずれる型、もしくは18センチの丸いセルクル)

ガトーバスク用タルト生地

  • 無塩バター 150g
  • 砂糖(グラニュー糖、上白糖、きび砂糖など) 100g
  • 卵黄 1個
  • 全卵 20g
  • 薄力粉 145g
  • 強力粉  50g
  • アーモンドプードル 70g
  • 塗り卵(全卵)
  • 打ち粉(薄力粉か強力粉)

強力粉の方が打ち粉としては使いやすい

タルト生地の作る工程はこちらをご覧ください↓

サクサク美味しい!基本のタルト生地の作り方
はじめまして、さやココのお菓子へようこそ!Bienvenue !! 初めて私のブログを見て頂いてる方でも、私のブログをもともと知ってる方でも、 皆さんに少しでもお役に立てるレシピが投稿できたら...

 

カスタードクリーム
  • 卵黄 50g
  • 砂糖(グラニュー糖、上白糖、きび砂糖など) 50g
  • 薄力粉 30g
  • 牛乳 220ml
  • バニラのさや 1本 もしくはバニラエッセンス 5滴
  • 無塩バター 20g
アーモンドクリーム
  • アーモンドクリーム 80g

※アーモンドクリームを無理して入れなくても大丈夫です。フランスで作られてるのはカスタードクリームだけで作られてるものが多く、私の場合はアーモンドクリームが余っていたので、80gほどカスタードクリームに混ぜました。アーモンドの風味が加わることでクリームが濃厚になります。

アーモンドクリームのレシピはこちら↓

 

フランス菓子には欠かせない アーモンドクリームの作り方
アーモンドクリームとはこんにちは。さやココです。今回のレシピはフランス菓子には欠かせないアーモンドクリーム、フランス語でクレームダマンドと言います。このレシピはこれから私が載せていくフランス菓子レシピに良く出てきま...

カスタードクリームを作っていきます。

① 卵黄と砂糖を混ぜる。※卵黄に砂糖を入れたら放置はしないこと。卵黄が固まりダマの原因になります。

 

② 振った薄力粉を加えてさらに混ぜる。

③ 片手鍋で沸かした牛乳を②にホイッパーで混ぜながら少しずつ入れる。もう一度、先ほどの鍋に裏ごししながら戻す。(茶漉しでも良い) 弱火で火にかける。

④ 底が焦げないように混ぜる。 底が焦げないように火から鍋を下ろしたり調整しながら混ぜていく。 途中で耐熱用ゴムべらに変えても良い。

 

⑤ ふつふつと音が立ってきたら火から下ろす。とにかく焦がさないように気をつける。焦がしたら焦げの臭いがつき、かなり美味しくないカスタードクリームに。

最後にバターを入れ余熱で溶かす。

⑥ ここで写真撮り忘れましたが、綺麗なバットにカスタードクリームをうつし、しっかりカスタードクリームに空気を抜きながらラップを上から被せる。(落としラップと言います)涼しい場所で冷ましておきます。

⑦ 冷めたらもう一度ボールにうつし、ホイッパーでほぐし(ここでアーモンドクリームを入れる場合は、一緒にまぜる)ビニールの絞り袋に入れる( 百均 のお菓子コーナーに売っている)

 

タルト生地の成型をしていきます

 

① 生地を一つにまとめる。

② 底が外れる18センチの型でペティナイフを使い丸く切り抜く。

これを2枚作る。(大体5ミリ程の厚さ)

③ 1枚は底に敷き、一度冷蔵庫へ。

④ 側面の生地を作る。

⑤ 型の側面に張り付けていく。切れ目もしっかりくっつける。

 

⑤ 上から麺棒で余分な生地を落とす。

⑥ フォークで空気を通す穴をあける。(この作業をピケといいます)

⑦ カスタードクリームを絞っていく。

⑧ 絞り終わったらクリームをゴムべらかスプーンでならす。

 

⑨ もう一枚の生地を上から被せる。(ふたもフォークで空気穴をあけとく)

⑩ 被せたふたの5ミリほど上から、側面の余分な生地を切り取る。(5ミリあけることで切れ目をしっかりくっつけられる)

⑪ 5ミリほどの側面の生地を、ふたの生地にしっかりくっつけていく。

⑫ 塗り卵をはけで塗り、フォークで模様をつけていく。

⑬ 周りもフォークで模様をつけました。

⑭ 170度のオーブンで50分~1時間(上が焦げそうでしたらオーブンの温度を下げて調節)

⑮ これでガトーバスクの完成です。

こちらのガトーバスクの感想をブロガーの奈々太郎さんが記事にで紹介してくれました!

ガトーバスク~フランスバスク地方のフランス伝統菓子。アーモンドクリームとカスタードクリームが甘くなくて美味しい!!
橋本憲太郎さんの勉強会(#はしもとんの勉強会)に出たら、フランスのお菓子が出てきた! 超美味しかった。 広告 ガトーバスク~フランスバスク地方のフランス伝統菓子。アーモンドクリームとカスタードクリームが甘くなくて美味しい!! 作ってくれたのは、山田明香(やまださやか)さん。 フランス菓子研究家さん。 元パティシエで、今...

コメント

タイトルとURLをコピーしました