フランス留学で作った手作りご飯は温かい

さやココのフランス留学の記録、思い出

皆さんこんにちは、フランス伝統菓子研究家のさやココです。

パリの留学の時に、アパルトマン(アパート)で作った料理の一つ一つに思い出が詰まっています。

留学の時の思い出を料理の写真を通して、記事にしてみました。

お米がどうしても食べたくなった時

はじめにお世話になっていたアパルトマン(アパート)で作った料理。

場所はモンパルナス墓地の近くにありました。

なんと画家のマダムのアパルトマンに私はお世話になっていました。

どうしても「米」が食べたくて。

日本米をパリで買うとどうしても高い。

「カマルグ米」と言うのがパリのスーパーに売っていて、それをよく買っていました。

日本米にとても近いんです!勿論日本米にはかないませんが、十分満足して食べれました。

当時、語学学校が朝の8時〜10時までありそのあとはアパートに帰ってひたすら宿題そしてフランス語の勉強でした。

スープはフランスのスーパーで買ったインスタントのキノコのクリームスープ。

豚肉の生姜焼きは作りました。

そしてサラダと赤ワイン。

日本のように豚バラ肉スライスはパリのスーパーには売ってないのでよく行ってたのがKmart(ケーマート)韓国と日本の食材が豊富に揃ってるお店で、ここには日本のお肉のように薄切りの豚バラ肉とかがあります。

「ごましお」は本当に持って来て良かったと思いました。

右側にあるのはラタトゥイユ。

これは語学学校で知り合った日本の方からいただいたものです。

料理上手な方でこの方のお陰でフランスでも美味しい和食を食べれていました。

パリの「モノプリ」と言うスーパーでカマンベールチーズなど購入して、公園で食べるサンドイッチを作りました。

シンプルだけど、とても美味しい。

冬に風邪防止のために蜂蜜レモン。

おにぎりをベルサイユ宮殿の庭で食べたくて作ったのでふが、どーしてもお腹が空いて途中の電車のホームで食べてしまいました。

アパートでお世話になっている画家のマダムにもおすそ分け。

「ゆかり」と「鰹しょうゆ」のおにぎりです。

お米はカマルグ米。

海苔は韓国海苔です。

パスタを作る回数は多かったです。やはり手軽に作れるので。

私が得意なのは私流のペペロンチーノ。

ドライトマト、マッシュルーム、バター、白ワイン、

これはお酒にもピッタリです。

こちらは贅沢朝食。

かたくなったフランスパンをオリーブオイルとバターで焼きました。

カリカリ サクサクでとても美味しい!

フランスの勉強が終わり、夕食は自分の部屋で。

サロンは時々マダムの絵のアトリエになるのでその時は食事に使えないので自分の部屋。

名付けてぶっ込みスープ笑笑

これはニンニク、人参、マッシュルーム、ほうれん草、キヌアの味噌スープ。

これ、美味しんですよ。簡単だし。

「キヌア」はスーパーで手軽に買えるので良く使ってました

卵がけご飯がどうしても食べたくなり、でもフランスで卵って生で食べれるのかなぁと疑問になり、フランスの卵はスーパーで常温で売ってるんです。

そこから調べて大丈夫とのこと。

卵がけご飯は美味しかったですよ。

フランスに来て初の手作りケーキ。

ガトーショコラ。

私のパートナーにもおすそ分けしました。

このおうどんも作りました。

我ながら上出来。

お餅はパリにある日本食スーパーの「京子」食品で購入。

クックパットをみてきな粉餅も作ってみました。

日本から持って行って良かった食品

ごましお/鰹節/昆布/

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメント

タイトルとURLをコピーしました