ショソン オ ポムのレシピ(柚子の香りを入れて)

フランスの伝統菓子レシピ

はじめまて、さやココのお菓子へようこそ!Bienvenue !!

初めて見ていただいてる方でも、私のブログをもともと知ってる方でも、

皆さんに少しでもお役に立てればなとおもいます。

今回はショソン オ ポム。フランスの良くパン屋さんに見かけるお馴染みのパイ菓子。

私もパリの学校帰りにパン屋さんに寄って買って食べてたお気に入りのパイ菓子です。

このお菓子を出来るだけ簡単に出来たらなと思って作ったレシピです。少しアレンジも加えてますので是非作ってみてくださいね。

では始めましょう。

<あったらいいな器具類>

綿棒、まな板、鍋、バット、ボール、ハケ、丸型の型、ホイッパー、ゴムベラ、木ベラ、ペティナイフ、スプーン、計り

<材料>

~コンポート~

◾️家にあるリンゴ(紅玉でなくても良い)・・・・2個

◾️砂糖(どんなお砂糖でも)・・・・リンゴの重さの5分の1のグラム

※リンゴの甘さによって砂糖の量が変わってくるのでお好みの甘さに調整しても大丈夫です。

◾️柚子の皮(なくても良いよ)・・・・3分の1

◾️レモン汁・・・・2分の1

◾️冷凍パイシート(5枚)・・・・1袋

◾️打ち粉(強力粉でも薄力粉でも)・・・・適量

◾️塗り卵・・・・全卵1個と卵黄1個

~シロップ~

◾️水と砂糖(どんな砂糖でも)が1:1.5の割合になるように(水10mlなら砂糖15g)

オーブン170℃

① まずはコンポート作り!リンゴを四当分にして種など取りイチョウ切りにします。

②    柚子の皮は千切りにします。鍋にリンゴ、砂糖、柚子の皮、レモン汁を入れ煮詰めます。15分〜20分くらい。

※少し木べらでお好みでリンゴを潰しながら混ぜますら。

③ 良い具合に煮詰まったら、味見してくださいね!柚子の香りがほのかに香るとっても美味しいリンゴのコンポートです。その後バットにあけて落としラップをして冷ましておきましょう。

パイ成形

パイの成形をしていきます。出来ればキク抜き型(10センチ)か丸いセルクルを使うと形的にそれらしくなるのですが、生地が余るのでそれがめんどくさいな〜とゆー方にはそのまま長方形で使うか、自分のお好きな形で是非やってみてくださいね。

私のやり方でご説明しますね!

①打ち粉をふった台にセルクルで型を取り、綿棒で楕円形に伸ばします。出来るだけ厚さを均一に。

②リンゴのコンポートを生地の上に置き、水を縁に塗り、半分に折ります。

③私はキク抜き型が家になく丸いセルクルですのでペティナイフで縁に切れ目を入れました。

④塗り卵を塗り、2時間以上休ませます。 

その間に、シロップ作り!

⑤水と砂糖を入れ沸騰したら火を止めます!出来上がり!冷ましておきましょう!

パイ成形の続きに戻ります!

⑥生地を冷蔵庫から取り出し、もう一度塗り卵を塗り、ナイフで模様を入れるます。線の上にナイフの先で2〜3個空気穴をあけて170℃のオーブンで、50分〜60分焼きます。 

⑦焼き上がりにシロップをはけで塗り、再び170℃のオーブンで5分焼きます(つや出しのため。)

Voilà ~ bon appétit

 パティシエの時に感じてた事、どんな形になっても心を込めて作ったお菓子は必ず食べて頂く方に伝わります。

なので、楽しく、心を込めて作りましょう!形にこだわってはいけませんよぉ~!!

これからも皆さんが楽しく、美味しく作れるようなレシピを載せていきますので是非ぜひ見てくださいね!

それでは、またお会いしましょう!

Bonne journée! Au revoir

コメント

タイトルとURLをコピーしました