フライパンで作れる!濃い抹茶グラノーラ【ダイエットスイーツレシピ】

さやココ
さやココをフォローする
低糖質スイーツレシピ

皆さんこんにちは、 ヨーロッパ各地を訪れダイエットスイーツ研究家として日々活動中のパティシエのさやココです。

今回はフライパンで美味しく作れる抹茶グラノーラレシピのご紹介です。

こちらのはダイエット方向けの低糖質スイーツレシピになります。

抹茶グラノーラの作り方

【材料一覧】

  • ※1抹茶パウダー…10g
  • ※1塩…ひとつまみ
  • ※1全粒粉(小麦粉、米粉でもOK)…15g
  • ★オートミール…80g
  • ★砕いたミックスナッツ…40g
  • ★レーズン…15g
  • ★クランベリー(ドライフルーツ)…15g
  • ☆メープルシロップ…40g
  • ☆ココナッツオイル(なたね油、オリーブオイルOK)…20g
  • ☆バニラエッセンス…5滴

【準備する機材】

  • テフロン加工のフライパン
  • ボール
  • ホイッパー
  • 木べら
  • ゴムベラ
  • スプーン
  • 冷ますバット

【下準備】

ミックスナッツを包丁で細かく砕いておく

作り方

① ボールに※1をすべて入れる(全粒粉、抹茶パウダー、塩)

全粒粉
抹茶パウダー
沖縄のぬちまーすの塩

② ホイッパーで軽くまぜる。

③ ①のボールに★印を全て入れる(オートミール、砕いたミックスナッツ、レーズン、クランベリー)

オートミール
ミックスナッツ
クランベリー
レーズン

④ スプーンで軽く混ぜる。

⑤ ④のボールに残りの☆印を全て入れる(ココナッツオイル、メープルシロップ、バニラエッセンス)

ココナッツオイル
メープルシロップ
バニラエッセンス

⑥ ココナッツオイルが全体に行き渡るようにスプーンで混ぜる

⑦ 続いて、フライパンで炒めていきますよ!(所要時間15分ほど)

グラノーラを入れたら火にかけます。

火加減はこちらを参考にしてください。

テフロン加工のフライパン使用で、中火で3分→弱火7分→火からおろし余熱で2分〜3分

※焦がさないように注意し、火が強いと思ったら火加減を調整してください

⑧だんだんと表面がさらさらしてきます。余分な水分が抜けてる感じですね。

火からおろすタイミングですが、表面がさらさらしてきて、オートミールを食べてみて香ばしくなっていれば大丈夫です。

⑨バットを用意し、チョコレートグラノーラを移します。

冷めれば、完成です!

※保管方法は冷蔵庫に入れ、早めにお召し上がりください。

このレシピをお勧めする5つの理由

  • フライパンがあれば作れる
  • ダイエット中に食べても低糖質で罪悪感なし
  • 甘いグラノーラが苦手な方にはおすすめ
  • そのままでも美味しいですし、トッピングにも使える
  • 手作りのグラノーラなので愛着も湧く

ポイント・アドバイス

  • 炒めるときはフライパンから目をはなさず常に混ぜ続ける
  • 火加減はテフロン加工のフライパン使用で中火で3分→弱火7分→火からおろし余熱で2分〜3分(あくまでも目安です)
  • 火からおろすタイミングですが目安として

グラノーラの表面がサラサラしてきたら(余分な水分が抜ける感じです)

オートミールを食べてみて香ばしくなっていたら

こちらの2点になります。

さやココおすすめの食べ方

抹茶グラノーラにお好きなフルーツ、牛乳を注いで食べるのが一番おすすめです。

もちろんヨーグルトなどのトッピングにも♪

小腹が空いた時にそのまま食べるのもおすすめです。

グラノーラ保管におすすめの容器

瓶に入れるとオシャレ感がアップしますね。

側面からも

冷蔵庫保管におすすめなのが、プラスチック製で軽い100円ショップ(ダイソー)のこちらの穀物保管容器です。

オートミールを保管するのにもとても便利です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: D29EFA21-C64D-484A-BA9E-DAD84623B6A8.jpeg

キャップにメモリが付いています!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 357A3BFB-2AB6-424B-9498-6459C3232364.jpeg

さやココ愛用オートミールはこの2つ

現在いろいろなメーカーのオートミールを試していますが、その中でも粒が大きく食べ応えのあるおすすめの2つがこちら。

【クウェーカークウェーカー】オールドファッション オートミール

オーガニックオートミール(オールドオーツ)

これからもダイエット向けの美味しいスイーツレシピをお届けしていきますので、ぜひ作ってみたらコメント欄やSNSのシェアで教えてくださいね♪

美味しいダイエットスイーツを作るため、ヨーロッパ各地を訪れお菓子巡りの旅にでています。興味ある方はこちらの記事もご覧ください。

▷▷フランス・アルザス地方のお菓子を巡る旅〜リクヴィルとリボーヴィレ

▷▷ウィーン菓子を巡る旅!カフェザッハーvsデーメルの「ザッハトルテ」を食べ比べてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました