ザッハトルテの発祥地:オーストリア・ウィーンでカフェ・ザッハーの「ザッハトルテ」が最高に美味しい理由

さやココ
さやココをフォローする
オーストリア ウィーン

皆さんこんにちは、ヨーロッパ各地を訪れケーキを食べ歩いている、旅パティシエのさやココです。

3ヶ月間のヨーロッパお菓子巡りの旅で訪れた、オーストリア・ウィーンで最高に美味しい「ザッハトルテ」を見つけました。そのお店の名前はカフェ ・ザッハー です。

ザッハトルテの発祥地でカフェ・ザッハ−の「ザッハトルテ」が最高に美味しい理由

ウィーンを代表する5つ星ホテルのひとつ「Hotel Sacher Wien /ホテル ザッハー ウィーン」にあるのが「Café Sacher Wien /カフェ ザッハー ウィーン」です。

歴史ある深紅と金色のザッハーカラーで統一された店内で優雅なひとときを過ごせることが、より一層ザッハトルテの美味しさを引き立たたせます。

そんな夢心地を味わえるカフェ・ザッハーの「ザッハトルテ」の魅力をご紹介します。

ザッハトルテってどんなお菓子?

ザッハトルテは、チョコレートスポンジケーキにあんずジャムをサンドしチョコレートでコーティングしたシンプルなケーキです。オーストリアのウィーンの銘菓ですね。

本場のザッハトルテを食べてみてびっくりしたのは、お店ごとにザッハトルテの味が違います。あんずジャムとスポンジ生地のバランスやコーティングチョコの甘さがお店によって違いました。

カフェ・ザッハーの「ザッハトルテ」は店内で食べるからこそ価値がある

ザッハトルテで世界的に知られるカフェ・ザッハーで、本場の味を確かめなくてはウィーンに来た意味がないと思っていたので、実際にお店を目の前にして、嬉しさが込み上げてきました。

カフェ・ザッハーの場所はこちらです。

カフェ・ザッハーの外観です。

お店に入ると、笑顔で店員さんが出迎えてくれました。席に通され、目の前に飛び込んでくる店内の雰囲気に圧倒されました。ウィーンの歴史を肌で感じる空間が広がっていました。まるで貴族になった気分です。

<高い天井で解放感あふれる店内>
<皇妃エリザベートの肖像画が飾られています。>

私はこちらの赤いソファーの席に座りました。

こちらがメニュー表です。ウィーンの新聞を模したミニチュア版だそうですよ。

メニューを開くと、ホテル・ザッハーの歴史やザッハトルテの説明書きがあります。

私は、ザッハトルテ(7.10ユーロ)とメランジェ(コーヒー)(5.80ユーロ)を頼みました。

そして、本場のザッハトルテが私の目の前に。ホイップクリーム付きです。ウレシイ!

メランジェ(コーヒー)も出揃ったところで、ザッハトルテから食べてみましょう。

ひとくち目、ザッハトルテを食べた瞬間、あまりの美味しさに驚きました。日本にいた時「本場のザッハトルテはすごく甘いケーキで日本人の口には合わないよ」と聞いていました。

でも実際食べてみたらすごく美味しかったんです。

全体的に甘すぎず、しっとりしたチョコレートスポンジとあんずジャムのバランスがほど良く、さらにコーティングされたビターチョコレートの厚みが全体のバランスを整えていました。もしコーティングされたチョコレートが厚くなってしまうと、全体的なバランスが崩れてしまいます。全ての工程において職人さんのプロフェッショナルな技が光る一品でした。

メランジェ(コーヒー)も美味しかったです。こちらも人気商品だそうです。カプチーノにホイップクリームがのっていると思っていただければわかりやすいかなと思います。とてもクリーミーです。

私が感動の嵐に包まれている中、隣の席に日本人のご夫婦が座っていたのですが、朝食メニューを頼んでいて、ハムとチーズそしてパンの香ばしいかおりがこちらまで漂ってきていて「塩っぱいものも美味しそうだな。食べたいな。」と思ったのですが、今回のウィーンのケーキ巡りを振り返り異常なほどのカロリーと糖分を摂っていたことを自覚していたので、諦めました。ワタシエライ

混雑を避けてザッハトルテを堪能しよう

世界的にも知られるカフェ・ザッハーのザッハトルテは観光客に人気で、行列ができることが多く、お昼ごろから夕方まではなかなか入るのが難しい状況です。

私は、ウィーン初日にカフェ・ザッハーのお店の前を通ったのですが、確か15時ごろだと思いますが、ご覧の通り長蛇の列でした。

できれば、みなさん長蛇の列には並びたくないですよね。大丈夫です!混雑を避けザッハトルテを、ゆっくり楽しめる裏技があります!

それは、カフェ・ザッハーのオープン時間のAM8:00〜9:00くらいに入れば混雑を避けることができます。私はオープン時間のAM8:00に入ったので、ほとんどお客さんがいなくて、店内の写真も撮り放題でした。

がんばって早く起きれば、メリットが沢山あります。

  • 店内の写真が撮り放題
  • 優雅な時間を満喫できる
  • 店員さんも余裕があり親切な対応をしてくれる(かも)
  • ゆっくりと朝食(塩っぱい)も食べれる
  • カフェでゆっくりしたあと、他の観光地を回れる十分な時間がある

まとめ:ウィーンの歴史を感じながら食べるザッハトルテは最高に美味しい

ウィーンにはカフェやケーキ屋さんでお店それぞれのザッハトルテが味わえます。もしウィーンに初めて訪れる際は、まずはこちら!歴史あるカフェ・ザッハーの「ザッハトルテ」をぜひ食べてみてください。

そして、混雑時を避け、優雅なひとときをお過ごしください。

カフェ・ザッハーのHPはこちら>>

カフェ・ザッハーのアクセスはこちら>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました