ウィーンの隠れ家的存在、伝統ある洋菓子店デメルのケーキ「アンナトルテ」

さやココ
さやココをフォローする
オーストリア ウィーン

ウィーンの伝統ある洋菓子店「デメル」でアンナトルテを堪能

私が20代の頃、パティシエとして初めて働いたケーキ屋のショーケースに並んでいた「アンナトルテ」
主役ではなく、あくまで脇役でいつも端っこの方に並んでいた。
あまり日本のケーキ屋では見ないケーキかもしれないが、私は運良くアンナトルテと出会うことができた。

まだ見習いの頃は、アンナトルテを作ってみたいと強く思っていた。

やっと仕込みを任されのは努めて2年後の時だった。アンナトルテの仕込みから仕上げをすべて任された。その時の喜びは今でも覚えている。

そして、今まさにオーストリア・ウィーンで本物のアンナトルテを目の前にしている。
本物ってどんな味なのか。

本場のアンナトルテを食べてみて思ったこと

食べてみて思ったことは、自分が作っていたアンナトルテと全く違っていた。
グランマルニエであろうお酒の香りが強く感じた。チョコレートのクリームが分離してるような感じで、そしてすごく甘かった。しかし、本場のアンナトルテを食べれたことは本当に嬉しかった。

私がケーキ屋で作っていたアンナトルテは、4枚にスライスしたチョコチップを入のアーモンド生地のスポンジに、お酒の入ったシロップを生地に染み込ませ、チョコレートのガナッシュを塗って挟み、周りをチョコレートのバタークリームコーティングする。そして冷蔵庫で冷やす。
その上から、溶かしたミルクチョコレートを、冷やした大理石で薄く伸ばし包み込む。

私の作っていたアンナトルテと本場の違い

本場のアンナトルテ

  • チョコレートのスポンジ
  • お酒が強く感じた
  • 中に挟んでいるのはチョコレートクリーム
  • チョコがものすごく甘い

私の作っていたアンナトルテ

  • チョコチップ入りのアーモンド生地のスポンジケーキ
  • 中に挟んでいたのはチョコレートガナッシュ
  • 周りをチョコレートのバタークリームでコーティング

まとめ:日本のアンナトルテのほうが美味しい

美味しさを感じたのは、日本で作るアンナトルテでした。もちろん文化の違いで、国によっての美味しさの基準も違いますし、日本人は甘さすぎるのを好みません。なので仕方ないと思いますが、味のバランスや繊細さは日本が優れているのかなと思います。
これもまた勉強でしたので、ウィーンで本物のアンナトルテを食べられたことは今宵もない幸せでした。

ウィーンのケーキに興味ある方はこちらの記事もご覧ください♪

ウィーン菓子を巡る旅!カフェザッハーvsデーメルの「ザッハトルテ」を食べ比べてみた

ウィーンの洋菓子店デメルのアクセス

ウィーンのデメルの場所はこちらです〉〉

日本のデメルの入ってるショップリストはこちら〉〉

コメント

タイトルとURLをコピーしました