ウィーンの隠れ家的存在、伝統ある洋菓子店デメルの「アンナトルテ」

さやココ日記

ウィーンの伝統ある洋菓子店「デメル」でアンナトルテを堪能

私が20代の頃初めて働いたケーキ屋のショーケースに並んでいた「アンナトルテ」
主役ではなく、あくまで脇役でいつも端っこの方に並んでいた。
あまり日本のケーキ屋では見ないケーキかもしれないが、私は運良くアンナトルテの置いてあるケーキ屋に勤めていた。

見習いの頃、どうしてもアンナトルテを作ってみたくて、アンナトルテの仕込みから仕上げを任された時の喜びは今でも覚えている。

そして、今まさに本物を目の前にしている。
本物ってどんな味なのか。

本場のアンナトルテを食べてみて

まず、自分が作っていたアンナトルテと全く違った
グランマルニエなのか、お酒がよくわからなかったのだけど強く感じたのと、チョコレートのクリームが分離してるような食感。
そして周りを覆っているの甘まーいミルクチョコレート。

私がケーキ屋で作っていたアンナトルテ

チョコチップをいれたアーモンド生地のスポンジを焼き、4枚にスライス。お酒の入ったシロップを生地に染み込ませ、チョコレートのガナッシュを塗って挟んで行き4層にする、そしてその周りをチョコレートのバタークリームコーティング。一度冷やして
その上から薄く伸ばしたミルクチョコレートで包み込む。

違いはまず、
スポンジがチョコレート味だった事とチョコチップが入っていなかった事。
お酒の味が強く感じた。
生地に挟んであるチョコレートがガナッシュ(チョコレートと生クリームで作った柔らかいクリーム状のチョコレート)ではなくチョコレートクリームだった事

チョコレートのバタークリームが塗られてなかった事。

なるほどなるほどと全て完食しましたが、美味しさを感じるのはやはり日本のケーキ屋で作っていたアンナトルテでした。
これもまた勉強でしたので、ウィーンで本物のアンナトルテを食べられたことは今宵もない幸せです。

ウィーンの洋菓子店デメルのアクセス

ウィーンのデメルの場所はこちらです〉〉

日本のデメルの入ってるショップリストはこちら〉〉

コメント

タイトルとURLをコピーしました